転職回数が多い人が強い理由。~「複線」で誰にも負けないキャリアを作ろう~

副業・ネットビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、もちです。

皆さんは、転職をしたことがありますか?

これだけ「キャリアが~」「第二新卒が~」「通年採用が~」と言われる時代になりましたが、まだまだ会社員の中には、転職に対するネガティブなイメージが強いです。

しかし、元採用担当者だった人間から言わせてもらうと、超早期(1ヵ月など)の退職などでなければ、企業はそれほど転職回数を気にしません

むしろ関連業界からの転職などであれば、自社のノウハウが広がることを歓迎する傾向にあります(このとき、元の会社の機密保持には気をつけなければいけませんが)。

全く異なる業界からの転職であったとしても、異業種同士のコラボレーションということで、新しい事業を切り拓くきっかけとなることは、賢い経営者であればよく理解しています。

今回は、転職することのメリットから、どのような転職の仕方が良いのか、ネームバリューにとらわれない転職サイトの探し方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

メリット①会社のおかしなルールに気づく

ホリエモンこと堀江貴文さんが以前、「自分が組織や社会のパーツであるうちは全体像がわからない」という話をしていました。

これは全くその通りで、たとえ堀江さんのように起業しなくても、転職することでその企業や社会を客観的に見ることができるようになります。

皆さんも、会社のおかしな社内政治のルールなどが面倒くさいと思ったことも多いのではないでしょうか。

「あの部長には、こういうお願いの仕方をしなければ」「これを通そうと思ったら、根回しが必要」・・・など、一歩会社を出れば役に立たないものばかり。

そういった社内ルールがはびこっている会社は、概して遅れていると言っても過言ではありません。

そんな会社からは、一刻も早く脱出しましょう。

メリット②替えのきかない人材になれる

一つの会社に長くいることのメリットとしては、一つの分野のスペシャリストになることが挙げられます。

しかし、これは裏を返せば、会社を離れるとそのスキルが全く通用しないという可能性もあります。

曖昧不安定(これをVUCAブーカと言います)な令和時代の世界で、一つのスキルだけに頼ることは非常に危険です。

転職して様々な分野に触れ、視野を広げていくことで、一つの同じ分野にとどまっている人にはできないオリジナリティある発想の基礎が作られていきます。

そうすることで、替えのきかない唯一無二の人材になることができるのです。

転職方法①リファラル採用をつかう

ここからは、実際に転職するとなった時にどういった方法をとるべきかについてお話していきます。

一つの転職方法にリファラル採用というものがあります。

これは端的に言うと知人などの紹介で同じ会社に入らせてもらうという手法で、近年かなり増えてきています。

知人が働いている会社ということで安心して入れるのに加えて、企業側もあらかじめ人となりが担保された人材が入ってくるということでミスマッチを回避できるので、積極的に行っている会社も多いです。

ただし、リファラル採用には重大な欠陥があります。

それは、知人がいることで働きにくい可能性があることと、辞めにくくなることです。

気にしない人は気にしないかもしれませんが、「同じ会社に友人がいる」という状況が気まずいと感じる人も多いと思います。

私もそのタイプだったので、リファラル採用はどちらかというと避けたいと思う派です。

さらに、紹介してもらった会社を辞めるとなれば、友人の顔に泥を塗ることにつながりかねません。

下手するとその友人との関係も悪くなってしまう可能性もあり、リスクが大きいですね。

転職方法②エージェントをつかう

以上のような理由があるので、個人的にはリファラル採用よりもエージェントの方が何のしがらみもなく転職できるのでオススメです。

ただし、エージェントも星の数ほど存在するので、どれを選んでいいのかわからないですよね。

そこで今回は元採用担当者の視点で、最新の優良転職サイトをリサーチしてみました。

「ここなら登録したい」と思えたサイトを3つに厳選してご紹介します。

【1】DYM転職

DYM転職は、第二新卒・既卒・フリーター・無職など現在どのような状況の人でも登録可能なオールジャンルの求人情報サイトです。

正社員求人が100%、ブラック企業は徹底排除というところに気概を感じます。

さらに最短1週間でのスピード入社も可能だということで、「今すぐ転職したい!」という方に最適なサイトだといえますね。

【2】IT求人ナビ

給料が高い職種といえば、真っ先にITエンジニアが挙げられます。

そんなエンジニア志望という人にはIT求人ナビがオススメです。

メリットとしては、未経験でもOKの企業に絞って掲載しているところ。

給料をもらいながらエンジニアのスキルを身に付けられる、まさに一石二鳥ですね。

ちなみにエンジニア経験者は、こちらから経験者向けのIT求人ナビに登録できます↓

IT企業への転職なら、IT求人ナビ

【3】人事プロパートナーズ

エンジニアほど高給ではありませんが、その後のキャリアでどんな業界にも潰しが効くといえば、人事職(HR)

この業界での転職には、人事業界に特化した人事プロパートナーズがおすすめです。

こちらのサイトは副業・フリーランスの斡旋サイトですが、転職実績はDeNASHOWROOMりらくるなどの有名企業の名が連なっています。

リモート勤務などのフレキシブルな働き方にも対応しているということで、時代の先を行っていますね。

クラウドソーシング人口も増加

企業への転職がピンと来ない人は、個人で働くという手もあります。

クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトが有名ですが、私がヘビーに使っているのはココナラです。

まだまだ新しいプラットフォームということもあり、ブルーオーシャンで非常に稼ぎやすくなっています。

ココナラでどれくらい稼げるかについては、以下の記事を参照してください。

2021年2月分のココナラライター収益報告!売上20万超え!?最新トレンド情報も
ココナラでの月間売上が、とうとう20万を超えました。まだまだ右肩上がりのココナラで特に熱いのはこの2つのジャンルだと思います。誰でも気軽に稼げるココナラ、気軽とはいいながらも、売上はガッツリ。赤裸々な収益報告とともに、ココナラ最新トレンド情報をお届けします。

自分に合った働き方で、お金を稼いでいきましょう!

↓ココナラ公式サイト↓

タイトルとURLをコピーしました