Logicool(ロジクール)Webカメラの設定方法は?おすすめC922レビューも

商品レビュー
スポンサーリンク

こんにちは、もちです。

先日、Razerのゲーミングマウスパッド「Goliathus Mobile」のレビュー記事を書きました。

今回はゲーミング関連第3弾ということで、Webカメラをレビューしていきます。

取り上げるウェブカメラは、超大手メーカーLogicool(ロジクール)「C922 Pro HD Stream Webcamです。

ちょっとパソコン機材・デバイスに詳しい方なら、知らない人はいない有名な会社ですね。

PCに取り付けられるカメラということで、ゲームをやらない方でも幅広く使えると思います。

そこで今回は、ロジクールがどんなメーカーか、見た目や取りつけやすさはどうか、画質はどうかなどを中心に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Logicool(ロジクール)とは?

まず初めに、このロジクールという会社についてご紹介していきます。

日本法人は本社の名前ではなく製品ブランド名が会社になっているんですね。

ロジクールはスイスのローザンヌに本社のあるLogitech(ロジテック)という会社の日本法人です。

通常のPCで使うマウスやキーボードなどの入力機器も販売していますが、日本では上記のマウスのようなゲーミングブランド「Logicool G」のものが有名ですね。

プロのeスポーツ選手の中にも愛用している人は多いです。

Webカメラって?

そもそも、Webカメラって何のために使うものなのでしょうか?

Webカメラとは、オンライン会議ライブ配信などに使うためのPCに取りつけるカメラを指します。

あとは離れたところに住んでいる両親や親戚とテレビ電話をするのにも使えますね。

ノートパソコンにはカメラが内蔵されているものが多いですが、デスクトップのPCモニターにはカメラが付いていないものがほとんどのため、自分で買って取り付ける必要があります。

取り付けるとはいっても、多くはモニターにかませるor三脚で設置し、USBでつなぐだけなのでとても簡単に使えます。

Webカメラ(C922)のスペックは?

まず、今回購入したC922の主なスペックをご紹介します。

・1080p(フルハイビジョン)
・オートフォーカス機能
・デュアルマイク搭載
・卓上三脚つき
・YouTubeにワンクリックでアップロード可能

フルハイビジョンといえばテレビ番組の画質なので、クオリティの高さがうかがえますね。

三脚もついているので、自由な角度で撮影できます。

設定の手順

それでは、Webカメラ「Logicool C922 Pro HD Stream Webcam(通称:C922)」を開けてみましょう。

注文したら、非常にコンパクトな箱で届きました。

開けてみると、黒くてスタイリッシュなカメラが顔を出しました。

片手の平に載るほどの超小型なので、モニターに載せても負担がかかることはありません。

三脚もついていて、立てるとこんな感じに。

USBに接続すると、すぐにPCが検知して「Logicool Capture(ロジクールキャプチャー)」というロジクールのカメラ専用のソフトウェアのダウンロード画面に移行します。

これはロジクール正規のソフトウェアなので安全性に問題はありません。ダウンロードしましょう。

ロジクールキャプチャーでは、ズーム具合を調整できたり、録画できたりとさまざまな機能があり便利です。

ライブ配信の際には、OBS等でも問題なく作動します。

Webカメラはあると便利

結論としては、画質などのカメラとしてのクオリティも、ソフトウェアの使いやすさに関しても満足です。

Webカメラはオンライン飲み会や家族間の通話などのプライベートな場面から、リモート会議のビジネスシーンやライブ配信まで、コロナ禍の多くのシーンで活躍します。

デスクトップのPCでカメラが付いていないという人や、ノートPCでも外付けカメラで好きな角度に調整したいという方は、持っておいて損はないと思います。

この記事を読んだ方には、こちらもおすすめです↓

【ゲーミングキーボード】NPETの評判は微妙?マウスと併せて実際に使ってS20をレビューしてみた!
ゲーミングデバイスのブランドとしてよく目にするNPETですが、大手ブランドじゃないのでクオリティが気になりますよね。そこで、NPETのゲーミングキーボードとゲーミングマウスを実際に購入し使っている私がレビューしてみました。
タイトルとURLをコピーしました